ファンドラップ増額

例のファンドラップを200万円増額しました。半分は定期預金として、ではなく、全額ファンドラップです。前回定期預金した分も、どうせ優遇金利は1年間だけなので、それが過ぎたらファンドラップに回すつもりです。

政府が公然とインフレにすると言っているのですから、現金を持ちすぎることはリスクになります。かと言って、不動産投資は、これから人口が減って土地も建物も余るはずですから見込み薄です。

自分で株取引などできる才覚があれば良いのですが、いまいち自信がないし(もっとも、NISAの枠内でちょこちょこ売り買いしていて、利益は出しています)、何百、何千万というお金を突っ込む勇気はありません。

そういうわけで、ファンドラップです。まあ、手数料は少し高めですが比較的堅実な選択と言えると思います。その手数料も投資額が5000万円以上だと安くなります。1億円以上ならさらに安くなります。まさに金持ちが益々金持ちになるシステムです。私もできればそちら側になりたいものです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*