たまにはピアノも

keyboard.jpg よく「英語の早期教育などやっても日本語も英語も中途半端になるだけだ。国語教育に注力せよ」という意見を耳にします。一理あります。でも、私は、むしろ日本語を重視すればこそ早いうちに外国語を学ばせるべきだと考えます。他言語に触れることによって日本語の理解がより深まるのではないかと思うのです。
というわけで、今日はギタリストも他の楽器をやってみてはどうか、という話です。ちょっと脈絡が変でしょうか(笑)
言われなくてもやってるよ~という方も多いかと思いますが、ギター一本槍で来た方は「いまさら他の楽器もなぁ」と少し億劫に感じられるかも知れません。が、騙されたと思ってやってみてください。必ずや世界が広がってギタープレイにもフィードバックされること請け合いです。

どの楽器をやるかですが、やはりピアノないしその他の鍵盤楽器が無難かと思います。撥弦楽器じゃ代わり映えがしませんし、大人になって擦弦楽器を始めるのもかなりキビしそうですしね。
ただ、ピアノというものは取っつきやすい反面、なかなか上達しないんですよね。聞くところによると、10歳未満で始めなければピアノをマスターするのは不可能だそうです。けれど、何も演奏家になるわけではないのですから、20歳過ぎようと還暦過ぎようと、自分で楽しめればそれでいいのではないでしょうか。

さて、私の場合ですが、主に左手でコードを押さえる練習をしてます。ピアノ曲には凝った対位法なども多いのですが、そこに分け入っていくと大変なので。分散和音についても漫然と音符を追うのではなく、できるだけコードを意識して弾くことで、それぞれの響きを覚えるようにしています。
難しいのは、鍵を押すタイミングだけでなく、上げるタイミングにも最大限神経を使わないといけないことですね。ギターでは余程響きを損なわない限り、あまり厳密にミュートしたりせず次の小節でも前の音が鳴ってたりしますが、ピアノではその辺が全く違います。とにかく他の楽器をやってみると色々と新しい発見がありますので、読者の方々にも是非お薦め致します!

ところでここ数日、張り切りすぎて毎日更新してきましたが、少々疲れてきました(汗 今後はもう少し間隔を開けようかと思いますが、できれば三日に一度、長くても一週間に一度くらいの更新頻度は保っていくつもりです。よろしくお願いします。

Google の顔色(がんしょく)を見ずして多言を為すべからず

先日、読まれる文章を書く三つのポイントの第一として「気になるタイトルをつける」ということを挙げましたが、ことインターネット上では全く異なるアプローチが必要になるのかも知れません。
どういうことかと言いますと、抽象的な、あるいは比喩的な表現は、検索エンジンに適切にインデックスされないのですね。

例えば、ギターを恋人に喩えて何か一筆ものしたとします。検索エンジンには両者の相関が分からないので、その文章は「恋人」に関連づけられるでしょう。そして、それは「恋人」で検索してきた人にとってはおそらく有益な文章ではないはずです。むしろ、「ギター」で検索されたい。そうであるならば最初から凝った比喩など使わず愚直に「ギター」と表現すればよかった、となるわけです。

実際、検索エンジンを意識するあまりヒネリもなにもないタイトル(もちろん本文も)ばかりになってしまう、という現象は最近の職業文筆家の頭痛の種となっているようです。

ですから、随筆的な文章では「気になるタイトル」、実用的な文章では「素直なタイトル」が良いのでしょう。考えてみると、当たり前のことですね~
それにしても、当ブログ、雑記ばかりで肝心のカントリーブルースについてあまり書いていませんね(汗
うーむ……。

追記:
本エントリも最初は「検索エンジンのことも考えないと」というひどく退屈なタイトルでしたが、変えてみました。

さらに追記:
しかし、「気になるタイトル」もほどほどにしないといけませんね。本エントリも一見辛口社会派コラムっぽいタイトルのくせにヌルい内容ですみません(滝汗
ただ、検索エンジンのために自分の文章スタイルを曲げなければいけない、というのは困ったことですね。もしかすると、Google の存在が今後日本語のあり方にさえ影響を与えていくのかも知れません。おそるべしっ。

読まれる文章を書く三つのポイント

1. 気になるタイトルをつける

本稿のタイトルがまさにそれですね。私自身、「○○の秘訣」や「××されるための7つの条件」、「発展する△△とダメになる△△」といった、気になるタイトルを見かけるとついクリックしてしまうものです。
言葉は悪いですが、リンクベイティングというやつです。ただ、この手法は一歩間違えると読者の反感を買ってしまいがち(本稿もですが……(汗))なので注意が必要です。「○○の秘訣」で釣ろうというのなら、ともかくも本文にその秘訣らしきものを提示するのが最低限の誠意でしょう。

2. 誤字脱字をなくす

単なるタイプミスなどは知性とは(おそらく)無関係なのですが、やはり誤字があると多少バカっぽく見えてしまうのは事実です。とかく人というものは自分に甘く他人に厳しいもので、自分の誤字は気にしない癖に他人の誤字は非常に気にするのです。私などその最たるもので、他所のサイトで誤字を発見するやいなや読むのをやめてしまいます。

3. 疑問を発する

1. に通じるのですが、ごく最近始めた当ブログのなんて読むの?という記事の(更新通知サービスを通じた)アクセスが妙に多いことから気がつきました。このようなタイトルだと、読者の方は「一体、何が読めないんだ?」と引っかかりをもたれるようです。そして、「そんなのも読めないのか」あるいは「あー、それは読めないよね」といった反応をしたくなるのでしょう。
この手法にも十分注意が必要です。疑問文とは婉曲なる命令文に他ならず、「なんて読むの?」と問いかけることは「なんて読むのか教えろ」と言うに等しいからです。一般に、人は他人から命令されることを好まないので、疑問を発しまくると確実に嫌われます。

以上が私の考える三つのポイントです。ただ、きちんとした内容、すなわち読者の求める情報を提供するのが最も肝要であることは言うまでもありません。

羮に懲りて膾を吹く?

別のところでも書いたのですが、最近 target=”_blank”で別窓を開くことへの風当たりが厳しいですね。
この問題、どういうわけかユーザーの視点を置いてけぼりにして語られることが多いように思われます。

別窓反対派の主張は大きく分けて二つ、一つは、「W3C が非推奨だと言っているのだから非推奨なのだ」という形式論。もう一つは、「ユーザーは同窓で開くか別窓で開くかを自由に選べるべきであるが、target=”_blank” を指定してあると選択の余地が無く全て別窓で開かれてしまう」という実質論。

前者について。W3C が target 属性を非推奨にしたのはポップアップ広告の流行に対応する為ではなかったかと思うのですね。言わば、「羮(=ポップアップ地獄)に懲りて膾(普通の別窓)を吹く」ようなものではないかと。イヤな広告はユーザーによる淘汰によって無くしていけばよいので、target 属性を廃止してそもそも別窓を開けなくするというのはあまり良い解決策とは言えません。(もっとも、target=”_blank”を使わずに別ウィンドウで開く方法もいくつかあるようです)
次に、後者(実質論)には一理あると思うのですが、結局のところ別窓反対という結論ありきの議論で本当の意味でのユーザー視点になっていない。多くのユーザーには「他サイトは別窓で開くもの」という期待があるので、思いがけず他サイトが同窓で開かれると、そこも今まで開いていたサイトの一部と思ってしまう、あるいは戻れなくなってしまう(もちろんブラウザのバックボタンで戻ることはできますが、例えば A → B → C と移動した場合、一旦 C から A へ戻ると、経過点である B へ移動するには意識的に「進むボタン」を押さねばならず、端的に言って困難)、という現象が起きるわけです。

ただ、先進的なユーザーは既にほとんどがタブブラウザに移行し、「ホイールクリックで別タブに」というのが標準的な操作になりつつあるので、この場合は確かに target=”_blank” は要らぬお節介ということになってしまうのかも知れません。

結局、多数派に従うに如くはなし、ということでしょうか。
個人的には勝手に別窓(というか別タブ)が便利と思うんですけどね~

シンプル イズ ベスト

先日、Score Grapher Pro で作った楽譜を Photoshop に渡す方法を紹介しましたが、一つ書き忘れていたことがありました。

Web 用に加工する場合解像度を落とすことになると思いますが、その際 Photoshop デフォルトのバイキュービック法ではなく、バイリニア法でやるのがおすすめです。バイキュービック法の方が高度な補間法なのでしょうが、五線譜(もちろんタブ譜も)のように単純で色数も少ない画像の場合、バイリニア法のシンプルなアルゴリズムの方が好結果を生むようです。

そもそもラスタライズせずにベクトルデータのまま渡せればそれに越したことはないんですけどね。

あと余談ですが、Vista や .NET Framework 3.0 をインストールしてある XP では Microsoft XPS Document Writer も使えますね。ただ、こちらは .xps ファイルを読み込めるアプリケーションを持っていなかったので今回は使いませんでした(IE7 や XPS Viewer で表示することは可能だけど、画像としてエクスポートすることはできない)。面白いことに .xps ファイルは実は単なる zip 書庫で、解凍してみると中には xml と png 画像が入っていました。意外にもオープンな規格のようです。

文章は体力。ギターも体力。

皆様は毎日どのくらいの文章を書かれていますでしょうか。普通の生活をしていると、そんなに大量の文章を書くこともありませんよね。でも、世の中には日々驚くほど良質の文章を量産されている方もいらっしゃいます。私のお気に入りのブログなど毎日更新で、しかも、文章の量も質もすごい……。どうやったらあんなことができるのか。

もちろん才能に依る部分も多々ありましょうが、一つには「習慣」の力を借りるということがあると思います。ハムレットの一節に、「悪い習慣は人生を悪い方向に導き、良い習慣は人生を良い方向に導く」というのがあります。例えば喫煙。悪い習慣ですね。私も長いこと煙草吸っていたので分かるんですが、吸ってる本人はそんなに悪いことをしているつもりはないです。ただただ、習慣なのでやめられないんですね。逆に毎朝ジョギングをする、といった良い習慣を持っている人もいます。周囲から見ると「毎朝なんて大変だろうなぁ」という感じですが、本人にしてみれば習慣なので別に大変ではなかったりします。ことほど左様に、「良い習慣」を持つのは大切な事なんですよね。

文章も同じかと思います。毎日書いていれば、「慣れ」で結構書けるようになるんじゃないかな~、と。甘いでしょうか(笑)

それから、ギターの練習も毎日しないとね♪

なんて読むの?

ブルースのコード進行はたった三つのコードからなる非常にシンプルなものであるとよく言われます。実際はそうと決まったものでもないのですが、まぁ、最初はそう考えて差し支えないでしょう。
このコード進行というものを考える時に便利なのが I, IV, V という呼び方です。例えば key of E では I7 → E7, IV7 → A7, V7 → B7 ですよね。
とにかく、

I I I I IV IV
I I V IV I V

……と覚えておけば、どの調でも対応できるわけです。

以前見かけたジャズの理論書に、「日本では E とか A とか B などとコード名を呼称し、I, IV, V のように呼ぶことは少ないが、コード進行を理解する上では後者の方がのぞましい」というようなことが書いてありました。
確かに、私も以前バンドをやっていましたが、I, IV, V と呼ぶことは無かったように思います。なぜでしょう?

読み方がよく分からないからだと思います(笑)
おそらく「ワン・フォー・ファイブ」と読むのだと思いますが、あまりにも一般的な語彙なので、音楽用語という感じがしないためにかえって伝わりにくいんですよね。

Score Grapher Pro から PDF 経由で Photoshop に楽譜のイメージを持ち込む方法

Score Grapher Pro は楽譜を作成するには便利なソフトですが、印刷志向で、画像の出力ができないのが難点です。そこで、PDF 経由で Photoshop に持ち込み Web 用に加工することにしました。以下、その手順。(Windows の場合。もちろん、Acrobat がインストール済みなのが前提です)

20071106202859.gif

まず、Score Grapher の用紙設定から 「Adobe PDF」 を選びます。

20071106204355.gif

次に、Adobe PDF ドキュメントのプロパティから、「Adobe PDF 設定」タブを開き、PDF 設定の「編集」ボタンを押します。

そして、開いたダイアログの左ペインで「フォント」を選択し、「すべてのフォントを埋め込む」のチェックを外します。そうしないと、「フォント Natya4 はライセンスの制限により埋め込むことができません」というエラーが出て PDF が作成されません。
こうして、Adobe PDF ドキュメントの設定を変更した後、名前を付けて保存します。
以上で、Score Grapher の方で印刷を選ぶと PDF ファイルが出力されるようになります♪

あとは Photoshop なりなんなりで読み込んで煮るなり焼くなりするだけ、……なのですが、一つだけ注意点。Photoshop は、デフォルトでは 72dpi で読み込もうとします。上のようにして作った PDF は600dpi になっていますので、お好みの解像度で読み込んで下さい。

JASRAC様、ごきげんよう

さて、このブログ、いきなりつまづいてしまったかも知れません(汗

古いカントリーブルースの楽曲の多くはいわゆる”Traditional”で、作者不詳の曲をそれぞれのブルースマン、ブルースウーマンが自分なりにアレンジして歌っていたものが多いです。Traditionalなら著作権消滅してるから耳コピで譜例載せてもOKかな~、と軽く考えていたのですが、当ブログの趣旨は「偉大なブルースメンのテクニック」を学ぶ過程を御覧になっていただく(というか、一緒に学んでいきたい)ということですので、そのブルースマン、例えば「ミシシッピ・ジョン・ハートのテクニック」ならば、彼の実際の演奏をたよりに「ここはこんな風に弾いてますね~」といった具合にしたいのですが、彼のアレンジにはTraditionalとは別個の著作権があり、楽譜を載せるには権利者に使用料を払う必要があるわけです。

さらにややこしいことに、調べてみるとJASRACの管理楽曲ではないもの、権利の一部については管理しているが他の部分については「未確定」なもの、などが多くあり、素人に過ぎない私にとっては正しく許諾を得るのはかなり難しいということが分かりました。

なにしろ一つ間違えば莫大な金額を請求されかねませんので、譜例の掲載には慎重の上にも慎重を期さなければいけないと思います。(もっとも、単価x閲覧数で課金されますので、始まったばかりのこのブログ、そうそう沢山の方に見ていただけるとも思えませんので大丈夫かな? って、ダメですよね(笑))

できればそのうち権利消滅している曲を探して、練習曲に選びたいと思います。それまでは、ベースの動きやコードの押さえ方、コード進行、私的ブルース考などを記していきます。

拝啓 ステファン=グロスマン様

このブログでは、私の敬愛するステファン=グロスマン、及び、彼の発掘したブルースメンのギターテクニックを模倣しつつ学ぶ過程を記していこうと思います。よろしくお願いします。

まずはチューニング。カントリーブルースならオープンDやGなどにするのもポピュラーですが、最初はレギュラーチューニング(EADGABE)でいきます。
私のやり方は、音叉と5弦7フレットのハーモニクスを合わせ、次に5弦5ハモと4弦7ハモ、4弦5ハモと3弦7ハモ、3弦12フレットのハーモニクスと2弦8フレットの実音、2弦5ハモと1弦7ハモ、6弦5ハモと5弦7ハモと合わせていき、最後に1弦と2弦の実音がそれぞれ5弦・6弦のハーモニクスといい感じであっているか確認して終了です。
難しいことはよく分からないのですが、上記のやり方だと純正律と平均律の折衷的な調律になってしまうそうです。
ギターは平均律楽器なので、絶対音感を持たない人は機械に頼るしかなさそうです。もっとも、相対音感であっても「何弦と何弦の純正律と平均律の差は何セント……」という風に記憶していて極めて正確にチューニングする人もいるようです。すごいですね~。
xylophone.jpg
まぁ、近くにピアノがあればそれに合わせるって手もありますね。私の友達は木琴を使ってました(笑)