フィットとヴェゼルが4度目のリコール

ホンダの「フィット」と「ヴェゼル」がまたまたリコールですね。二度目の時点で「二度あることは三度ある」などと言う人がおり、まさかと思ったものですが、四度目とは驚きです。想像以上でした。

「ヴェゼル」を検討したこともある私としては、見る目がなかったかと自信喪失しているところです。が、別の記事では「次に私が車を買うころにはこなれてくるでしょう」と、人柱になるつもりはないことも言外にほのめかしています。やはり、見る目はあったのです(笑)

結局、DCT という新しい技術をモノにするのは思った以上に難しかった、ということでしょうが、特にヴェゼルに関しては消費増税前の駆け込み需要に無理やり間に合わせようとしたことは明らかで、技術以前にホンダの会社としての姿勢に疑問符が付くことは避けられません。

ヴェゼルの、コンパクトなクロスオーバーSUV というコンセプトは面白いと思ったのですけどね。燃費だけから言えば、単にコンパクトでありさえすれば良いのかもしれませんが、それだけでは「腕白さ」が足りないと言いますか……。

まあ、腕白でありたいという気持ちは二輪の方で満足させる方が利口でしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*