メンテナンススタンド購入

今乗っているCB400SFにはセンタースタンドがないので、メンテナンススタンドを購入しました。J-TRIPという製品です。

ところが一つ誤算があって、本体だけでは使えず、「受け」と呼ばれるパーツは別売りでした。「受け」には「L受け」「V受け」など幾つか種類があり、自分のバイクに合うものを選ばなければなりません。

一番汎用性が高いのはL受けで、スイングアームが両持ちならたいていの車種に対応できます。が、スタンドをかける際の難易度は若干高め、と言われています。

リアアクスルに穴が空いているバイクなら、そこにシャフトを通すタイプの受けが一番失敗が少ないとのことですが、生憎CB400SFには穴が空いていません。

というわけで、L受けを買いました。さっそく使ってみたところ、特に難しいことは何もありませんでした。

一応手順を書くと、サイドスタンドは出しておき、フロントブレーキのレバーをゴム紐で縛って固定します。そしてグラブバーを握って車体を垂直にし、スタンドの位置を合わせて押し下げるようにしてかけます。

コツがあるとすれば、受けをスイングアームの後端に当てることですね。この J-TRIP と CB400SF の組み合わせでは高さがギリギリなので、スイングアームの後端より少しでも前で支えると高さが足りず、タイヤが浮きません。

戻し方もいろいろあるようですが、私の場合、かけるときの逆、つまりグラブバーを持って車体を垂直にし、スタンドを押し上げるようにして外しました。こちらも至って簡単です。

これでメンテナンスの環境も整ったので、今後はチェーンの洗浄やオイル交換など、こまめにやっていこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*