フィット・ヴェゼルがリコール

少し前に、ホンダ・ヴェゼルが気になっていると書きましたが、リコールだそうです。

原因は、やはりというか DCT の不具合だそうで、この機構ゆえにこの車種に魅力を感じていただけに残念です。

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)は、その名の通り2系統の変速軸を持ち、加速中なら上の段、減速中なら下の段を噛み合わせて待っています。なので、コンピューターがドライバーの意思、加速したいのか、減速したいのか、あるいは速度を維持したいのか、といったことを判断しなければなりません。ここに難しさがあるのでしょうね。

 

しかし、コンピューターによってドライバーの意思を推し量る必要性は、ドライブ・バイ・ワイヤである以上、今後益々高まっていきます。楽観的な見方をすれば、だから DCT のためのソフトウエアも日進月歩の進化を遂げるはずです。

というわけで、燃費が良く、ダイレクトな加速フィールが得られる DCT には依然として期待しています。

現状では多少の難があるとしても、次に私が車を買うころにはこなれてくるでしょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*