JASRAC様、ごきげんよう

さて、このブログ、いきなりつまづいてしまったかも知れません(汗

古いカントリーブルースの楽曲の多くはいわゆる”Traditional”で、作者不詳の曲をそれぞれのブルースマン、ブルースウーマンが自分なりにアレンジして歌っていたものが多いです。Traditionalなら著作権消滅してるから耳コピで譜例載せてもOKかな~、と軽く考えていたのですが、当ブログの趣旨は「偉大なブルースメンのテクニック」を学ぶ過程を御覧になっていただく(というか、一緒に学んでいきたい)ということですので、そのブルースマン、例えば「ミシシッピ・ジョン・ハートのテクニック」ならば、彼の実際の演奏をたよりに「ここはこんな風に弾いてますね~」といった具合にしたいのですが、彼のアレンジにはTraditionalとは別個の著作権があり、楽譜を載せるには権利者に使用料を払う必要があるわけです。

さらにややこしいことに、調べてみるとJASRACの管理楽曲ではないもの、権利の一部については管理しているが他の部分については「未確定」なもの、などが多くあり、素人に過ぎない私にとっては正しく許諾を得るのはかなり難しいということが分かりました。

なにしろ一つ間違えば莫大な金額を請求されかねませんので、譜例の掲載には慎重の上にも慎重を期さなければいけないと思います。(もっとも、単価x閲覧数で課金されますので、始まったばかりのこのブログ、そうそう沢山の方に見ていただけるとも思えませんので大丈夫かな? って、ダメですよね(笑))

できればそのうち権利消滅している曲を探して、練習曲に選びたいと思います。それまでは、ベースの動きやコードの押さえ方、コード進行、私的ブルース考などを記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*