au WALLET カード

先日スマホの機種変更をしたとき、店員の口車に乗って au WALLET なるものを申し込んでしまい、今日そのカードが届きました。

マスターカードのマークがついていますが、クレジットカードではないそうで、その証拠に書留ではなく普通郵便で届きます。プリペイド式なのでチャージしない限り使えないから、という理由です。

つまり、理論的には Suica などの電子マネーに近いと言えます。ただ、非接触型ICカードではないので、クレジットカード用の機械を通す必要があります。

どうも存在意義がよく分からない au WALLET カードですが、「借金」であるとしてクレジットカードを嫌う層には良い選択肢となるのかも知れません。

ちなみに、私が注目するのは「ポイント」です。あるクレジットカードで一定額をチャージすれば、額に応じてクレジットカード側でポイントが付きますよね。さらに au WALLET を使用すればまた額に応じてポイントが付くわけで、二重取りが可能となります。

とは言え、ポイント目当てに要らないものを買ってしまっては本末転倒なので、やはり封印しておいた方が良いでしょうか。どのみち、年会費等は無料なので、とりあえず非常用として持っておこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*