Oculus Rift を買った

注文からセットアップまで

久しぶりにPCネタです。去年の暮れ、26日だったかにふと思い立って Oculus Rift を注文しました。

FedEx のトラッキングページを見ると無事に日本に到着し、この分だと正月明けには届くかなと思っていたところ、29日になって”Delivery exception” と表示されてしまいました。理由は “Incorrect address” となっています。

Delivery exception

このままでは宛先不明で送り主に返送されてしまいます。Oculus のメールに記された宛先を見ると、「区」が抜けていました。私のミスのようです。日本の郵便屋さんなら少々不完全な住所でも届けてくれたりしますが、国際貨物には通用しないのでしょう。

ただ、「別の住所に送ってくれ」というわけではなく、「区」以外は合っているので話せばなんとかなりそうな気がします。

そこで、FedEx に電話してみることにしました。年末で日本語サポートは休みとなっており、英語の方にしか繋がりません。どうにか用件を伝え、トラッキングナンバーを言うと、ノープロブレムだそうです。助かりました。

そういうわけで、年明け4日には届きました。正月を挟んだ上にトラブルもあったわりには早かったです。

セットアップを始めて重大なことに気づきました。ビデオカードが古すぎるのです。「ドライバを更新してください」とのメッセージが出てソフトウェアのインストールが完了しません。迂闊でした。結局、GTX1060 のビデオカードを新たに購入しました。

Oculus はヘッドセットを HDMI と USB3.0 で、2つのセンサーもそれぞれ USB3.0 で接続する必要(センサーのうち片方は USB2.0 でも良いようです)があるため、USB の帯域を大量に消費します。オンボードの USB でも動作はするのですがどうも不安定で”Sensor Poor Tracking Quality”というエラーが頻発するので、こちらもカード(Inateck USB3.0)を増設しました。

以降は安定して稼働しています。自作PCではパーツを繋いでみるまでちゃんと動くか分からないのが困ったところでもあり、醍醐味でもありますね。

ゲームで遊ぶ

まずは、無料で入手できる Echo Arena というゲームで遊んでみました。

Echo Arena

無重力空間で物につかまったりスラスターを噴射したりして移動し、円盤を奪い合うゲームです。無意識に重力で軌道が下がることを予想して高めに投げてしまうからでしょう、狙いを上に外してしまうことが多いのは興味深く感じました。

ところが、しばらく遊んでいると気分が悪くなってきました。VR酔いです。

Oculus のストアで配布されているアプリはVR酔いの起こりやすさが原則として Comfortable、Moderate、Intense の3段階で表示されています。Echo Arena は Moderate であり、そこまで過激ではないのですがやはり最初にプレイするゲームとしては不向きだったのかもしれません。

次に Air Car というこちらも無料のデモアプリをやってみました。

Air Car

小雨に煙る未来都市の空中をエアカーで走り回ることができます。酔いやすさは現時点で Not Rated ですが、Comfortable 相当と言って良いでしょう。特にゲーム性はないものの、映画「ブレードランナー」の中に入り込んだような気分に浸ることが出来ます。よく見ると「飯店」だの「ラーメン」だのといったネオンサインが見つかることから、作り手も明らかに狙っていることが分かります。

もう一つ、ゲームではありませんが Oculus 謹製の Virtual Desktop というアプリを試しました。価格は1390円でした。宇宙の、あるいは大自然の中にぽっかり浮いた巨大な曲面スクリーン、ホームシアター、本格的な映画館など様々な場所にデスクトップを表示できます。特に動画を全画面で再生し、場所を映画館に設定するとなかなかの臨場感です。ただ、うちの環境では音声に若干のラグがありました。Oculusヘッドフォンをミュートして、PC側から音を出すことで一応対処できましたが、できればアップデートで直って欲しいところです。

どんなときにVR酔いが起きるか

いろいろ試してみて気づいたのは、周囲を見回す動作をしても、言い換えれば注視点(look-at point)を動かしても(フレームレートが出ていれば)酔いは起きないということです。起きるとすれば look-from point が移動したときです。一人称視点で激しい動きをすると覿面に酔います。

より正確に言えば、平衡及び加速度に関して視覚に入ってくる情報と実際が異なるときにVR酔いが起きます。

体質による違いもあるでしょうしある程度は慣れていくのでしょうが、通常の3Dゲームでは全く酔わない私も少し気分が悪くなることがあった(それも Moderate のゲームで)ことは報告しておきたいと思います。


ちなみにこのOculus Rift、購入価格は5万円でした。わずかなアプリを試しただけなので価格に見合う価値があるかどうかはまだ分かりませんが、大いなる可能性を感じたことは確かです。セットアップ終了後に周囲がSFっぽい部屋になったときには「あれ、俺の部屋ってこんなだったっけ?」と思ったほどです。まさに仮想現実ですね。

ただ、若干の不満もあります。アプリによっては音声にラグがあったり、表示に乱れがあったりしました。ハードウェア的にも解像度はやや物足りず、ヘッドセットの重さや圧迫感はさほどではありませんが、さりとて「全く気にならない」とは言いがたいものがあります。

まだ発展途上の製品だけに、もっと人柱が必要なようです(笑) 皆さんも買われてみてはいかがでしょうか。

離島の郵便局員失踪に思う

鹿児島県の離島・竹島の簡易郵便局でただ1人の職員が失踪し、住民の生活に影響が出ているそうです。もっとも、犯罪に巻き込まれたわけではなく、既にその職員とは連絡が付いているとのことです。

この「事件」に関する世間の声を要約すると、どうやら

「こんな辺鄙なところでただ一人で勤務させられてかわいそう」
「そりゃ逃げもするわ」

といったところのようです。この島では郵便局が休みになる土日には船便がなく、ずっと島から出られない状態だったそうで、相当なストレスだったことは想像するに余りあります。

そんなに過疎地が悪いのか

ただ、気になるのはこういったことが起きるたびに「これだから田舎は」「こんな島、滅んでしまえ」といった地域差別的発言や、「年寄りが若者をいじめたのだろう」「村八分にされたのだろう」といった粗雑な推測が横行することです。

確かに過疎化と高齢化は表裏一体の現象であり、件の島も高齢者が多いに違いありません。「田舎特有の濃厚な人間関係が嫌だ、自分だったら耐えられない」というのも分かります。しかし、人口減少は我が国にとって避けられない現実です。過疎地を、高齢者を悪し様に言うだけでは問題を解決するどころか見失うことになります。

社会のお荷物

今日、限界集落は放棄してコンパクトシティを目指すといったことがさかんに論じられています。確かに、現実的には一部でそういった施策を採らざるを得ないでしょう。しかし、移住を求めることは居住移転の自由の制限に他ならず、自由主義の原理に悖ることを忘れてはなりません。

過疎地や高齢者を役にたたないもの、目障りなものとして排除しようとする風潮には憂慮すべきものがあります。特に「悪辣な年寄りどもが若者を搾取し不正な富を蓄えている」といった言説は、年寄りをユダヤ人に若者をドイツ人に置き換えれば驚くほどナチスのそれに似ています。なるほど、あくどいユダヤ人もいたのでしょう。現代日本にもあくどい年寄りはいます。しかし、だからといって年寄り全般を敵視し排除しようとするのは間違っています。

簡易郵便局

竹島の郵便局は従来、鹿児島中央郵便局の分室として本土から日本郵便の職員が来ていたものが、今年の7月に簡易郵便局となり業務を受託した役場の職員が働くように変わったのだそうです。失踪したのはこのときに雇われた嘱託の県外出身の職員です。この人が無責任だったとは私は思いません。むしろ、慣れない土地で過重な労働に良く耐えたほうでしょう。

では、ワンオペさせた役場が悪いのでしょうか。そうだとしても、一方的に非難する気にはなれません。税金で運営する以上、最小限の費用で済ませるのは納税者に対する義務でもあるからです。彼らもまた板挟みだったに違いありません。

希望は、ある程度技術的に解決できる余地があることです。ATMを導入すれば職員の負担は大きく軽減できるでしょうし、オンラインバンキングは過疎地こそ活用すべきです。ややSF的ですが、ドローンによる小包配達も研究されています。

未来を暗示している

恐らく、日本のどこに住んでいても高い水準の公共サービスが受けられる時代はもうそう長くは続かないでしょう。しかし、だからこそ居住移転は自由であるという原則を明らかにしつつ、最低限これだけは維持すべきというラインを探っていかなければなりません。竹島で起きたことは、我が国の未来を暗示する出来事でもあります。

 

角島大橋

「角島(つのしま)」は日本海に浮かぶ小さな島で、本州から橋を渡っていくことができます。

角島大橋

砂が綺麗なのでしょう、本土ではあまり見ないエメラルドグリーンの海です。この日は曇り気味だったのですが、上の写真はたまたま雲が晴れた瞬間の一枚です。

角島大橋

角島

有名な灯台の側にまで行ってみたのですが、有料駐車場しか見当たらず天候に恵まれなかったこともあり引き返しました。

以前灯台に登ってみたときも曇天でした。よほど日頃の行いが悪いようです。


帰りに面白いものを見つけました。

岩

しめ縄を渡してある岩です。由緒はよく分かりませんが、恐らくは仲良く寄り添う夫婦、あるいは双子のような姿に神意を感じて祀られるようになったのでしょう。

祐徳稲荷神社

佐賀県にある、祐徳稲荷神社に行ってきました。

祐徳稲荷

稲荷社はどこもそうですが、朱塗りの柱や欄干がとても華やかですね。

祐徳稲荷

面白いことに、本殿(上の方に見えている清水寺の舞台のようなところ)へはエレベーターで登ることもできます。神社としてはかなり近代的な設備に少し驚きました。ただし、乗るには「初穂料」として300円を納める必要があります。

祐徳稲荷

本殿へはエレベーターで行けますが、「奥の院」に参るには歩くしかありません。上の写真の場所をずんずん登っていきます。ちなみに相当な道のりです。

祐徳稲荷・奥の院

ようやく到着した奥の院です。健脚の人でも30分くらいかかります。

祐徳稲荷・奥の院・見晴らし

背後にはこのような景色が広がっています。遙か彼方に少し見えている水面は有明海です。ちょっとした登山であることがお分かりいただけると思います。


 

奥の院鳥居の蔭に著莪の花

 

共謀罪に反対するやつは左巻きなのか

テロ等準備罪、いわゆる共謀罪法案が衆議院を通過し、近く成立する見通しです。

あなたはこの共謀罪に賛成でしょうか、反対でしょうか。それとも特に関心はないでしょうか。中には「取り立てて賛成はしないが、反対!反対!と騒ぐ左巻きの連中にはうんざりする」という人も居るかもしれません。

私自身は若干の危惧を抱いています。

刑法はいくつかの重大な犯罪(殺人、身代金目的拐取、強盗、内乱、外患、私戦、放火、通貨偽造)について、その予備行為を実行行為とする「予備罪」を設けています。新設される共謀罪はこの予備罪の考え方を大幅に拡張するものです。

予備罪にしろ共謀罪にしろ、巷間言われるような「内心を処罰する法律」ではありません。「人殺ししようかな」と思うだけでは決して罪にはならず、「これで人を殺そう」と思って包丁を買ってきて初めて殺人予備罪と言えるのです。

では、濫用の恐れは一切ないのでしょうか。残念ながらそうとは言い切れません。「準備」という概念はどうしても広範にわたるものだし、「包丁は買ってきたが殺人のためではない」と証明するのは困難です。

無論、現実には包丁を買ってきただけで捕まることはあり得ないし、殺人を企図していたと分かる客観的証拠も必要ですから、警察は片っ端からしょっ引けるわけではありません。

共謀罪によって拡張されてもそれは同じです。しかし、一抹の不安は残ります。仮に現在の政権は共謀罪を濫用することはないとしても、未来の政権もそうであるという保証はないのです。右か左かという問題でもありません。将来、人権抑圧的な左翼政権が成立する可能性は皆無ではなく、そのときには共謀罪が弾圧の武器として活用されるに違いないのです。

どうも、「俺は右派(左派)だから原発の再稼働に賛成(反対)」だとか「共謀罪に賛成(反対)」といった風に、それぞれのイシューについて自らの属する(あるいは属したいと考える)陣営をもとに機械的に態度を決める人が少なくないのには愕然とさせられます。さらには「こいつは共謀罪に反対(賛成)している、敵だ!」とばかりに相手を攻撃するのです。

もういい加減にそういった敵・味方思想から脱却すべきです。

なるほど、共謀罪が成立したとしても直ちに恣意的な運用がなされる可能性は低く、冤罪や不当逮捕が続出するわけではないでしょう。むしろ、恐るべきテロ計画を未然に摘発し、世間をして「やはり共謀罪があって良かった」と言わしめるかもしれません。

しかし、だからといって手放しでこの法律を肯定するわけにはいきません。人は皆、正常性バイアスによって「自分が共謀罪で捕まることはない」と思うものだし、公正世界仮説にとらわれがちで、「捕まったからにはテロリストなのだろう」と考えます。

まさにそれゆえに計画段階での摘発には慎重でなければならないのです。


私とてテロリストが野放しになることを望むものではないし、現場の警察官のもどかしさも分かります。しかし、テロを阻止するために必要なことの第一は捜査力の向上であって、警察権力の拡大ではないはずです。

今後、共謀罪がどのように運用されるか、注目していきたいと思います。

鹿児島、佐多岬など

連休中はツーリングで鹿児島の佐多岬に行きました。

佐多岬

九州の最南端としてよく知られた場所ですが、思っていたよりきつい山で、途中の駐車場からは展望所までバスが往復しています。「真の最南端」へは道がなく、ガイドがいなければ到達できないそうです。

佐多岬、神社

展望所から少し歩いたところに小さな神社があり、参道の様子は日本とは思えない亜熱帯のそれでした。


志布志で一泊し、翌日は阿蘇に向かいました。

阿蘇

この連休中、九州南部はどうも天候が思わしくなく、ずっとカッパを着て走りました。上の佐多岬の写真でも雲が多いことが分かると思います。阿蘇もこのように霧がかかっていました。もっとも、旅館に着いてしまえばあとは食って飲んで風呂に入るだけです。天気は関係ありません(笑)

辛子蓮根

熊本名物、辛子蓮根など。

肉

肉。


5月に入ってから桜島が活発化して鹿児島市内にずいぶん灰が降っていると聞いていたので少し警戒していました。実際には大丈夫でしたが、もし、朝出発しようとしたらバイクが灰だらけみたいなことになったら困っただろうと思います。

火山灰にはガラス質が多く含まれているため、カラ拭きすると車体に傷がついてしまいます。大量の水で洗い流すのが理想ですが、旅館の駐車場ではそうもいきません。結局、ざっとはたいてからペットボトルの水をかけるくらいが関の山でしょう。

今回、灰に遭わなかったのは幸運でした。まあ、遭えば遭ったで良い思い出だったのかもしれませんが。

ビワノクマ古墳

福岡県行橋市にあるビワノクマ古墳を見に行きました。

この古墳、昭和30年に墓地の造成中に発見されたのだそうで、周囲をお墓で囲まれています。

ビワノクマ古墳

恐らく、地元の人達には古くから知られていた塚であり、「発見」とは学術的調査によって古墳であると確認されたという意味でしょう。

ビワノクマ古墳

てっぺんの石は無論、後世に建てられたものです。何かの彫像のようですが判然としません。

お地蔵様

市の中心部からはだいぶ離れた田園地帯にあるのですが、周囲のお宅の庭の手入れの良さに感じ入りました。松などはすべてきれいに玉散らしにされています。

敢えて想像をたくましくすれば、墓地とは日常と区別されたある種の聖地に他ならず、そのような場所の近くで暮らしていると自然と生活が折り目正しくなるのかもしれません。

梅見

先日左足の親指の爪を割ってしまって、せっかく梅が見頃だというのに長時間歩く場所には行けません。そういうわけで、今年は近所の公園で辛抱することにしました。

梅

まるで桜と見紛うような枝垂梅ですね。ただ、まだ満開ではないようです。

こちらは普通の紅梅ですが、なかなか良い姿をしています。

梅一木つれづれ草の姿かな 露沾
むめ咲や臼の挽木のよきまがり 曲翠
むめが香の筋に立よるはつ日哉 支考

梅は百花の魁といいます。今年の花も楽しみです。

「日本死ね」について、今一度考える

「保育園落ちた日本死ね」が今年の新語・流行語大賞候補にノミネートされたそうです。ひどい話です。まさか大賞に選ばれることはないでしょうが、現在の日本の状況を、恐らくは発言者の意図とは違った形で照らし出した言葉ではあります。

確かに保育園の不足は深刻です。子供の数は減り続けているものの、共働きの世帯数は増加しており、サザエさんのような大家族制はとうに消え去った今、親や親戚に預けるといったことも困難です(もっとも、サザエさんは専業主婦ですが)。一方、保育園を経営する側から見れば今は一時的に供給不足なだけで、将来にわたって需要が伸びる見込みはないのですから、事業を拡大する動機はありません。

加えて、業者の方が客を選ぶという、不満を招きやすい構造になっています。クレジットカードの審査などと同じで、何度も落ちると人格を否定されたような気分になることでしょう。

思わず「死ね」という言葉が口をついて出たのかもしれません。

しかし、「死ね」の前に「日本」をつけたことで、このフレーズは我々に微妙な(あるいは強烈な)感情を引き起こしました。

マジョリティ、マイノリティ

「日本死ね」がヘイトスピーチであるか否かについて議論が巻き起こったことで明らかになったのは、皮肉にもその境界が分明ではないということです。一応、マジョリティからマイノリティに向けられていることがメルクマールとなるという考え方がありますが、そうだとすると、ではどういう集団をマジョリティ(あるいは支配的)とし、マイノリティ(被支配的)とするのかという問題に突き当たります。

例えば高齢者は個人資産の6割を占め、代議士や企業の重役も多いという意味で支配的集団ですが、身体や精神が衰え、施設で虐待されるなど尊厳を奪われかねないという意味では弱者です。同じように民族についても、場所によって、あるいは観点によって強者と弱者が入れ替わることは十分にあり得ます。とは言え、日本において日本人がマジョリティであることは確かでしょう。日本人による外国人に対するヘイトスピーチの方がその逆よりも多く発生するであろうことは蓋然性としては成り立ちます。

しかし、だからと言って日本や日本人がいかようにも侮辱されて良いということはないはずです。

ヘイトスピーチの根源

ヘイトスピーチとは単なる悪口雑言ではなく民族的憎悪を煽る言説であるとされています。「日本死ね」は形式的にはその要件を備えていますし、私も一人の日本人として非常に不快ですが、恐らくこのフレーズは社会に対する不満の特異な表現として発せられたもので、日本及び日本人を憎悪するわけではないのでしょう。であれば、少なくとも狭義のヘイトスピーチには該当しないようにも見えますが、問題はその先にあります。

既に述べたとおり、ヘイトスピーチとその他の言説との境界は我々が思っているほどにはハッキリとしていないのです。仮に民族名や国名が入っていたらアウトというような基準を設けたとしても、「韓国」ではなく「キムチ」といったように暗喩を用いることも含めたらその範囲はいくらでも拡大してしまいます。一方で「日本死ね」のように明確に国名が入っていてもヘイトスピーチではないと主張される場合もある。論者の恣意によるとしか言いようがないこともしばしばです。

結局、他者を人間として尊重しない精神、「死ね、クズ、お前なんか生きていても仕方ない」とでも言いたげな心のありようがヘイトスピーチの根源なのです。こう書くと、ヘイトスピーチの意味を無理に押し広げて希薄化・無効化しようとしているように見えるかもしれませんが、そうではありません。むしろ、「単なる暴言」とされる言葉の中にヘイトスピーチの萌芽があることに注意を向けて欲しいのです。

「日本死ね」は甘えの産物

ここに甘やかされて思い上がった子供がいると想像してみて下さい。この世に生んでくれた親に向かって「死ね、クソババア」などと悪態をついています。みっともないですよね。件の「保育園落ちた」氏の口吻はそれに似ています。

誰しも親を選んで生まれてくることはできませんし、ほとんどの親は完璧とはほど遠い人間ですが、それでも子は親を愛するものですし、もしそうでないとすれば育て方が間違っているのでしょう。

国も同じです。縁あってこの国に生まれてきた人間が平気で「日本死ね」などと言い、マスコミまでが流行語としてもてはやすのは何かが間違っています。悲しいことです。