離島の郵便局員失踪に思う

鹿児島県の離島・竹島の簡易郵便局でただ1人の職員が失踪し、住民の生活に影響が出ているそうです。もっとも、犯罪に巻き込まれたわけではなく、既にその職員とは連絡が付いているとのことです。

この「事件」に関する世間の声を要約すると、どうやら

「こんな辺鄙なところでただ一人で勤務させられてかわいそう」
「そりゃ逃げもするわ」

といったところのようです。この島では郵便局が休みになる土日には船便がなく、ずっと島から出られない状態だったそうで、相当なストレスだったことは想像するに余りあります。

そんなに過疎地が悪いのか

ただ、気になるのはこういったことが起きるたびに「これだから田舎は」「こんな島、滅んでしまえ」といった地域差別的発言や、「年寄りが若者をいじめたのだろう」「村八分にされたのだろう」といった粗雑な推測が横行することです。

確かに過疎化と高齢化は表裏一体の現象であり、件の島も高齢者が多いに違いありません。「田舎特有の濃厚な人間関係が嫌だ、自分だったら耐えられない」というのも分かります。しかし、人口減少は我が国にとって避けられない現実です。過疎地を、高齢者を悪し様に言うだけでは問題を解決するどころか見失うことになります。

社会のお荷物

今日、限界集落は放棄してコンパクトシティを目指すといったことがさかんに論じられています。確かに、現実的には一部でそういった施策を採らざるを得ないでしょう。しかし、移住を求めることは居住移転の自由の制限に他ならず、自由主義の原理に悖ることを忘れてはなりません。

過疎地や高齢者を役にたたないもの、目障りなものとして排除しようとする風潮には憂慮すべきものがあります。特に「悪辣な年寄りどもが若者を搾取し不正な富を蓄えている」といった言説は、年寄りをユダヤ人に若者をドイツ人に置き換えれば驚くほどナチスのそれに似ています。なるほど、あくどいユダヤ人もいたのでしょう。現代日本にもあくどい年寄りはいます。しかし、だからといって年寄り全般を敵視し排除しようとするのは間違っています。

簡易郵便局

竹島の郵便局は従来、鹿児島中央郵便局の分室として本土から日本郵便の職員が来ていたものが、今年の7月に簡易郵便局となり業務を受託した役場の職員が働くように変わったのだそうです。失踪したのはこのときに雇われた嘱託の県外出身の職員です。この人が無責任だったとは私は思いません。むしろ、慣れない土地で過重な労働に良く耐えたほうでしょう。

では、ワンオペさせた役場が悪いのでしょうか。そうだとしても、一方的に非難する気にはなれません。税金で運営する以上、最小限の費用で済ませるのは納税者に対する義務でもあるからです。彼らもまた板挟みだったに違いありません。

希望は、ある程度技術的に解決できる余地があることです。ATMを導入すれば職員の負担は大きく軽減できるでしょうし、オンラインバンキングは過疎地こそ活用すべきです。ややSF的ですが、ドローンによる小包配達も研究されています。

未来を暗示している

恐らく、日本のどこに住んでいても高い水準の公共サービスが受けられる時代はもうそう長くは続かないでしょう。しかし、だからこそ居住移転は自由であるという原則を明らかにしつつ、最低限これだけは維持すべきというラインを探っていかなければなりません。竹島で起きたことは、我が国の未来を暗示する出来事でもあります。

 

角島大橋

「角島(つのしま)」は日本海に浮かぶ小さな島で、本州から橋を渡っていくことができます。

角島大橋

砂が綺麗なのでしょう、本土ではあまり見ないエメラルドグリーンの海です。この日は曇り気味だったのですが、上の写真はたまたま雲が晴れた瞬間の一枚です。

角島大橋

角島

有名な灯台の側にまで行ってみたのですが、有料駐車場しか見当たらず天候に恵まれなかったこともあり引き返しました。

以前灯台に登ってみたときも曇天でした。よほど日頃の行いが悪いようです。


帰りに面白いものを見つけました。

岩

しめ縄を渡してある岩です。由緒はよく分かりませんが、恐らくは仲良く寄り添う夫婦、あるいは双子のような姿に神意を感じて祀られるようになったのでしょう。

祐徳稲荷神社

佐賀県にある、祐徳稲荷神社に行ってきました。

祐徳稲荷

稲荷社はどこもそうですが、朱塗りの柱や欄干がとても華やかですね。

祐徳稲荷

面白いことに、本殿(上の方に見えている清水寺の舞台のようなところ)へはエレベーターで登ることもできます。神社としてはかなり近代的な設備に少し驚きました。ただし、乗るには「初穂料」として300円を納める必要があります。

祐徳稲荷

本殿へはエレベーターで行けますが、「奥の院」に参るには歩くしかありません。上の写真の場所をずんずん登っていきます。ちなみに相当な道のりです。

祐徳稲荷・奥の院

ようやく到着した奥の院です。健脚の人でも30分くらいかかります。

祐徳稲荷・奥の院・見晴らし

背後にはこのような景色が広がっています。遙か彼方に少し見えている水面は有明海です。ちょっとした登山であることがお分かりいただけると思います。


 

奥の院鳥居の蔭に著莪の花

 

共謀罪に反対するやつは左巻きなのか

テロ等準備罪、いわゆる共謀罪法案が衆議院を通過し、近く成立する見通しです。

あなたはこの共謀罪に賛成でしょうか、反対でしょうか。それとも特に関心はないでしょうか。中には「取り立てて賛成はしないが、反対!反対!と騒ぐ左巻きの連中にはうんざりする」という人も居るかもしれません。

私自身は若干の危惧を抱いています。

刑法はいくつかの重大な犯罪(殺人、身代金目的拐取、強盗、内乱、外患、私戦、放火、通貨偽造)について、その予備行為を実行行為とする「予備罪」を設けています。新設される共謀罪はこの予備罪の考え方を大幅に拡張するものです。

予備罪にしろ共謀罪にしろ、巷間言われるような「内心を処罰する法律」ではありません。「人殺ししようかな」と思うだけでは決して罪にはならず、「これで人を殺そう」と思って包丁を買ってきて初めて殺人予備罪と言えるのです。

では、濫用の恐れは一切ないのでしょうか。残念ながらそうとは言い切れません。「準備」という概念はどうしても広範にわたるものだし、「包丁は買ってきたが殺人のためではない」と証明するのは困難です。

無論、現実には包丁を買ってきただけで捕まることはあり得ないし、殺人を企図していたと分かる客観的証拠も必要ですから、警察は片っ端からしょっ引けるわけではありません。

共謀罪によって拡張されてもそれは同じです。しかし、一抹の不安は残ります。仮に現在の政権は共謀罪を濫用することはないとしても、未来の政権もそうであるという保証はないのです。右か左かという問題でもありません。将来、人権抑圧的な左翼政権が成立する可能性は皆無ではなく、そのときには共謀罪が弾圧の武器として活用されるに違いないのです。

どうも、「俺は右派(左派)だから原発の再稼働に賛成(反対)」だとか「共謀罪に賛成(反対)」といった風に、それぞれのイシューについて自らの属する(あるいは属したいと考える)陣営をもとに機械的に態度を決める人が少なくないのには愕然とさせられます。さらには「こいつは共謀罪に反対(賛成)している、敵だ!」とばかりに相手を攻撃するのです。

もういい加減にそういった敵・味方思想から脱却すべきです。

なるほど、共謀罪が成立したとしても直ちに恣意的な運用がなされる可能性は低く、冤罪や不当逮捕が続出するわけではないでしょう。むしろ、恐るべきテロ計画を未然に摘発し、世間をして「やはり共謀罪があって良かった」と言わしめるかもしれません。

しかし、だからといって手放しでこの法律を肯定するわけにはいきません。人は皆、正常性バイアスによって「自分が共謀罪で捕まることはない」と思うものだし、公正世界仮説にとらわれがちで、「捕まったからにはテロリストなのだろう」と考えます。

まさにそれゆえに計画段階での摘発には慎重でなければならないのです。


私とてテロリストが野放しになることを望むものではないし、現場の警察官のもどかしさも分かります。しかし、テロを阻止するために必要なことの第一は捜査力の向上であって、警察権力の拡大ではないはずです。

今後、共謀罪がどのように運用されるか、注目していきたいと思います。

鹿児島、佐多岬など

連休中はツーリングで鹿児島の佐多岬に行きました。

佐多岬

九州の最南端としてよく知られた場所ですが、思っていたよりきつい山で、途中の駐車場からは展望所までバスが往復しています。「真の最南端」へは道がなく、ガイドがいなければ到達できないそうです。

佐多岬、神社

展望所から少し歩いたところに小さな神社があり、参道の様子は日本とは思えない亜熱帯のそれでした。


志布志で一泊し、翌日は阿蘇に向かいました。

阿蘇

この連休中、九州南部はどうも天候が思わしくなく、ずっとカッパを着て走りました。上の佐多岬の写真でも雲が多いことが分かると思います。阿蘇もこのように霧がかかっていました。もっとも、旅館に着いてしまえばあとは食って飲んで風呂に入るだけです。天気は関係ありません(笑)

辛子蓮根

熊本名物、辛子蓮根など。

肉

肉。


5月に入ってから桜島が活発化して鹿児島市内にずいぶん灰が降っていると聞いていたので少し警戒していました。実際には大丈夫でしたが、もし、朝出発しようとしたらバイクが灰だらけみたいなことになったら困っただろうと思います。

火山灰にはガラス質が多く含まれているため、カラ拭きすると車体に傷がついてしまいます。大量の水で洗い流すのが理想ですが、旅館の駐車場ではそうもいきません。結局、ざっとはたいてからペットボトルの水をかけるくらいが関の山でしょう。

今回、灰に遭わなかったのは幸運でした。まあ、遭えば遭ったで良い思い出だったのかもしれませんが。

ビワノクマ古墳

福岡県行橋市にあるビワノクマ古墳を見に行きました。

この古墳、昭和30年に墓地の造成中に発見されたのだそうで、周囲をお墓で囲まれています。

ビワノクマ古墳

恐らく、地元の人達には古くから知られていた塚であり、「発見」とは学術的調査によって古墳であると確認されたという意味でしょう。

ビワノクマ古墳

てっぺんの石は無論、後世に建てられたものです。何かの彫像のようですが判然としません。

お地蔵様

市の中心部からはだいぶ離れた田園地帯にあるのですが、周囲のお宅の庭の手入れの良さに感じ入りました。松などはすべてきれいに玉散らしにされています。

敢えて想像をたくましくすれば、墓地とは日常と区別されたある種の聖地に他ならず、そのような場所の近くで暮らしていると自然と生活が折り目正しくなるのかもしれません。

梅見

先日左足の親指の爪を割ってしまって、せっかく梅が見頃だというのに長時間歩く場所には行けません。そういうわけで、今年は近所の公園で辛抱することにしました。

梅

まるで桜と見紛うような枝垂梅ですね。ただ、まだ満開ではないようです。

こちらは普通の紅梅ですが、なかなか良い姿をしています。

梅一木つれづれ草の姿かな 露沾
むめ咲や臼の挽木のよきまがり 曲翠
むめが香の筋に立よるはつ日哉 支考

梅は百花の魁といいます。今年の花も楽しみです。

「日本死ね」について、今一度考える

「保育園落ちた日本死ね」が今年の新語・流行語大賞候補にノミネートされたそうです。ひどい話です。まさか大賞に選ばれることはないでしょうが、現在の日本の状況を、恐らくは発言者の意図とは違った形で照らし出した言葉ではあります。

確かに保育園の不足は深刻です。子供の数は減り続けているものの、共働きの世帯数は増加しており、サザエさんのような大家族制はとうに消え去った今、親や親戚に預けるといったことも困難です(もっとも、サザエさんは専業主婦ですが)。一方、保育園を経営する側から見れば今は一時的に供給不足なだけで、将来にわたって需要が伸びる見込みはないのですから、事業を拡大する動機はありません。

加えて、業者の方が客を選ぶという、不満を招きやすい構造になっています。クレジットカードの審査などと同じで、何度も落ちると人格を否定されたような気分になることでしょう。

思わず「死ね」という言葉が口をついて出たのかもしれません。

しかし、「死ね」の前に「日本」をつけたことで、このフレーズは我々に微妙な(あるいは強烈な)感情を引き起こしました。

マジョリティ、マイノリティ

「日本死ね」がヘイトスピーチであるか否かについて議論が巻き起こったことで明らかになったのは、皮肉にもその境界が分明ではないということです。一応、マジョリティからマイノリティに向けられていることがメルクマールとなるという考え方がありますが、そうだとすると、ではどういう集団をマジョリティ(あるいは支配的)とし、マイノリティ(被支配的)とするのかという問題に突き当たります。

例えば高齢者は個人資産の6割を占め、代議士や企業の重役も多いという意味で支配的集団ですが、身体や精神が衰え、施設で虐待されるなど尊厳を奪われかねないという意味では弱者です。同じように民族についても、場所によって、あるいは観点によって強者と弱者が入れ替わることは十分にあり得ます。とは言え、日本において日本人がマジョリティであることは確かでしょう。日本人による外国人に対するヘイトスピーチの方がその逆よりも多く発生するであろうことは蓋然性としては成り立ちます。

しかし、だからと言って日本や日本人がいかようにも侮辱されて良いということはないはずです。

ヘイトスピーチの根源

ヘイトスピーチとは単なる悪口雑言ではなく民族的憎悪を煽る言説であるとされています。「日本死ね」は形式的にはその要件を備えていますし、私も一人の日本人として非常に不快ですが、恐らくこのフレーズは社会に対する不満の特異な表現として発せられたもので、日本及び日本人を憎悪するわけではないのでしょう。であれば、少なくとも狭義のヘイトスピーチには該当しないようにも見えますが、問題はその先にあります。

既に述べたとおり、ヘイトスピーチとその他の言説との境界は我々が思っているほどにはハッキリとしていないのです。仮に民族名や国名が入っていたらアウトというような基準を設けたとしても、「韓国」ではなく「キムチ」といったように暗喩を用いることも含めたらその範囲はいくらでも拡大してしまいます。一方で「日本死ね」のように明確に国名が入っていてもヘイトスピーチではないと主張される場合もある。論者の恣意によるとしか言いようがないこともしばしばです。

結局、他者を人間として尊重しない精神、「死ね、クズ、お前なんか生きていても仕方ない」とでも言いたげな心のありようがヘイトスピーチの根源なのです。こう書くと、ヘイトスピーチの意味を無理に押し広げて希薄化・無効化しようとしているように見えるかもしれませんが、そうではありません。むしろ、「単なる暴言」とされる言葉の中にヘイトスピーチの萌芽があることに注意を向けて欲しいのです。

「日本死ね」は甘えの産物

ここに甘やかされて思い上がった子供がいると想像してみて下さい。この世に生んでくれた親に向かって「死ね、クソババア」などと悪態をついています。みっともないですよね。件の「保育園落ちた」氏の口吻はそれに似ています。

誰しも親を選んで生まれてくることはできませんし、ほとんどの親は完璧とはほど遠い人間ですが、それでも子は親を愛するものですし、もしそうでないとすれば育て方が間違っているのでしょう。

国も同じです。縁あってこの国に生まれてきた人間が平気で「日本死ね」などと言い、マスコミまでが流行語としてもてはやすのは何かが間違っています。悲しいことです。

志高湖

をとめらが はなりの髪を 木綿(ゆふ)の山 雲なたなびき 家のあたり見む

万葉集に収められている作者不詳の歌です。はなりとはおさげのこと。「ゆふ」には、髪を結うという意味の他に由布という地名(一説には結婚するという意味も)が詠み込まれています。

大分県の志高湖のほとりにこの歌を刻んだ碑があると聞き、行ってみました。

湯布院へ

途中、景色の良い道が続きます。右奥に見えるのが由布岳です。

志高湖

志高湖の場所は標識等ですぐに分かりました。白鳥がいますね。ただ、この近くにあるはずの万葉歌碑がどうにも見つかりません。

周囲をうろついていると、

万葉歌碑へ

何の変哲もない雑木林のようなところですが、中央左上に赤い布が下げられているのが分かりますでしょうか。

赤い布

拡大したのがこれです。かなり分かりにくいですね。もしやこれが目印ではないかと思い山道に分け入ってみると、案の定しばらく行った先に同じような赤布がぶら下がっています。そのようにして15分ほど歩いた先に歌碑はありました。昭和9年に建立された森本治吉博士揮毫の碑が、比較的新しい長方形の碑の上に乗っている形です。

万葉歌碑

背後には鶴見岳、眼下には志高湖を見ることができる場所です。見つけるのに苦労しただけに景色も一層素晴らしく感じました。目印の布は地元のライオンズクラブが付けてくれているもののようです。

目印


熊本地震の影響で湯布院も観光客が減っているとのことですが、景色も空気も良いところなのでぜひ一度訪れてみてください。温泉もあります。

「写真は撮らないで」と言われてしまった

書くべきか否か迷ったのですが、書いてみようかと思います。

先週末のことです。大分県の耶馬溪にある羅漢寺に詣でました。曹洞宗の名刹で、長い石段を登った先にある岩窟内の仏の数々には圧倒されます。

ただ、室町時代の建立という山門に掲げられた「カメラなどの文明の利器のことは忘れて云々」という表示は、内容の是非はともかく、その材質や書体が余計なもののように感じられてなりませんでした。なんにせよ、この時点で気がつくべきでした。

山門をくぐり、本堂のそばへ行くとこの寺の由緒を記した掲示板があります。私はいつもそうするのですが後で読むために掲示板をカメラで撮影しようとすると、(おそらくは僧侶から)「写真は撮らないでくださーい」と声をかけられたのです。

山門にあった文言からして写真撮影が歓迎されないのは予感していたので、羅漢像などは撮らないように気をつけてはいました。しかし、屋外であり、特に神聖とは思えない掲示板の撮影までが禁止とは意外、否、不満でした。

不満ではありましたが、「仏は撮っていない、掲示板だけだ」などと言い訳しても恥の上塗りかと思い、とりあえず「はい……」と返事をして、そのあとは見て回る気持ちも失せ、すぐに山を下りました。

撮影する権利と撮影を拒否する権利との相克

一般に、写真を撮影するときはその場の管理者の指示に従う必要があります。撮影を禁じられた場合は撮影してはならないことは言うまでもありません。被写体が人間である場合は肖像権が発生しますし、物体であっても例えば自宅の外観などをみだりに撮影されない権利はあると言うべきでしょう。昨今では「撮影してはいけない」場所やモノについての認識が(十分とは言えないまでも)浸透し、人の顔などが写りこんでいるとモザイク処理をすることも増えてきました。

しかし、誤解してはならないのは禁止が原則ではないということです。

肖像権や意匠権、住居等の管理権を根拠に撮影を禁止することはできますが、それらは例外であって、あくまで原則は「撮影は自由」なのです。

こう書くとずいぶん勝手なことを言っているように思われるかもしれません。そう思った方は言論の自由とのアナロジーで考えてみて下さい。誰がどこで何を喋ろうと本来自由です。無論、他人の名誉を毀損する場合は例外ですし、極端な話、脅迫罪に当たる場合すらある。しかし、それらは例外であって、原則は「何を喋ろうと自由」であることは大げさに言うと憲法で認められた権利です。

そうは言っても、実際喋られると迷惑、黙れ、という場所もあります。例えば図書館ですね。私が「写真を撮らないで」と言われてしまった羅漢寺もあるいはそういう場所なのかもしれません。どうあれ、その場の管理者が撮ってくれるなというのであれば、従うべきです。

ですから、禁止に従うことに吝かではないのですが、一つ言いたいことがあります。件の羅漢寺は巨大な駐車場を備え、リフトも完備され、羅漢像の前で「縁結びのお守り」を200円で売っています。私には厳しい修行の場というよりは観光地に見えました。観光地では記念撮影が半ばセットのようなものです。禁止するならばするできちんとした根拠を示し、掲示も「文明の利器のことは忘れて……」などと曖昧にせず、明確に「禁止」と書いて欲しいものです。

みなさんはどう思われますでしょうか。