Mac App Store は恐るべき集金マシーンだ

昨晩、Mac OS X の最新版(10.7)がリリースされたので、早速インストールしてみました。

mac osx lion.png

Mac App Store を利用したのは初めてだったのですが、あまりの手軽さに驚きました。文字通り数回クリックするだけ。それでいて、ちゃんと課金はされているわけです。これは iTunes Store と並んで(というか、iTunes の方がメイン)、Apple の強力な集金マシーンとして機能しているに違いありません。

ちょっと脱線になりますが、実は先日 PlayStation 3 を購入しました。ですが、PSN の方にはクレジットカード情報は入力していません。この間あんな事があったばかりですからね。まぁ、実際はそこまで神経質になる必要はないとは思いますが、少しでも不安を感じると、利用する気がうせてしまうのが人情というものです。
そう考えると、ソニーが失ったものは大きいと言わざるを得ません。

さて、Mac OS X 10.7 に話を戻すと、一番驚いたのは、マウスホイールを回したときのスクロールの方向が今までと逆になったことでした。iPhone 等での操作と似た感覚にするためだと思いますが、さすがに使いにくいので、早々に「システム環境設定」で元に戻してしまいました。

それから、私は CapsLock で IME を切り替えているのですが、そのためのユーティリティー、「PCKeyboardHack」が使えなくなってしまいました。作者の方によると、このアプリをアップデートするには OS のカーネルのソースコードが必要なのだそうで、10.7 対応版が出るのはしばらく先になるそうです。

それ以外には、それほど戸惑うようなことはなかったように思われます。Launchpad や Mission Control といった新しい UI も、概ね気に入りました。

総じて変化とは受け入れがたいものですが、私の錆びついた脳には、OS のアップデートは丁度良い刺激かもしれません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*