竈猫

歳時記には冬の季語として竈猫という言葉が載っています。

昔は、まだぬくもりの残る竈(かまど)、庶民の言うへっついで猫が寝ていることはよくあったようです。

朝、炊事のために猫を竈から追うことに「季節」を感じ、詩文へと昇華させるとは、昔の人の何とゆかしく、芸術的なことでしょう。

何もかも知つてをるなり竈猫

富安風生

現代で言えば、車のボンネットの中に猫が入り込むのに似ていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*