NC750L

大型自動二輪の教習で NC750L に乗っています。中型とさして変わらないほど軽く、パワーの出方もマイルドです。

ただ、大型には波状路という課題があってガタガタ道を立ち乗りで通過しなければならず、NC はタンク(メットイン)の形状からしてこの立ち乗りにはあまり向かない、と指導員が言っていました。私は他のバイクで立ち乗りしたことがないのでよく分かりませんが。

そもそも大型自動二輪の教習車と言えばホンダの CB750 と相場が決まっていたのですが、この車種が販売終了となり、重い CB1300 を使うところと、軽い NC を使うところに二分されているようです。

想像ですが、CB1300 は取り回しはキツいものの、走り出せば案外扱いやすいのだと思います。NC は軽いのは良いのですが、以前にも書いたように少しエンストしやすい気がします。それと立ち乗りのしにくさですね。

とは言え、実際路上で立ち乗りなどそうそうしないでしょうし、エンストも慣れてしまえば起きません。2気筒特有の振動は心地よく、直線は安定しているし、小回りも利きます。

値段も手頃で、新車(NC700X)でも60万円台です。唯一、デザインが未来的すぎるのだけが個人的には難点です。

NC700X
(c) Thesupermat

「最初に乗る大型バイク」としては、かなり現実的な選択と言えるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*