MORIWAKI ZERO SS

先週バイクにETCを付けてから、堰を切ったようにカスタムし始めてしまいました。今回はマフラー(スリップオンですが)です。

モノはモリワキの ZERO SS S/O(WT) です。

まずはノーマルの姿。

CB400SF・ノーマルマフラー

これはこれで格好いいんですけどね。

CB400SF・サイレンサー交換

ノーマルのサイレンサーを外したところです。ジョイントバンドのボルト(かなり固い)をゆるめ、タンデムステップの下のボルトを外すと簡単に取れます。必要な工具は12mmのメガネorソケットレンチ、5mmの六角レンチです。

ステーの仮付け

ステーを仮付けします。ご丁寧にも表・裏両面とも保護フィルムが貼ってあるので、忘れずにはがします。

次に、サイレンサーCOMP. に新しいガスケットを入れ、こちらも保護フィルムをはがし、傷をつけないように慎重に抱えて取り付けます。

サイレンサー仮付け

もとから付いていたジョイントバンドでサイレンサーのねもとを締め付け、2本のバンドをタンデムステップ下のバンドステーに止めます。

上の写真では少し手の脂が付いてしまっていますね。このまま使っていると変な焼け跡が付くので、このあと脱脂洗浄剤で綺麗にしました。

さて、肝心の音ですが、爆音ではないもののやはり純正よりは大きいです。バイクの場合、あまりに静かだと存在に気づいてもらえず、かえって危険ということもありますので、ちょうど良いくらいではないかと思います。

音質としては、低音がかなり出るようになりました。

インジェクションのCB400SF(NC42)専用の品なので、アイドリングが不安定になったりすることもありません。極めて快調です。

さっそく近所を20kmほど走って、帰ってくると知り合いからSMSが。

「さっき見かけました。マフラー換えましたね? 良い音でした」と。

うーむ、その人もバイク乗りだから良い音と言ってくれてますが、乗らない人にしてみたらやっぱり煩いかもですね。ますますご近所で肩身が狭くなります……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*