「Amazon様からギフト券を……」ねぇ

このブログにも貼っている、Amazon.co.jpの広告。皆さんがこれをクリックして買い物をされると、売り上げの3%前後が筆者の懐に入ります。もちろん、当ブログは更新もまばらですし、収入は限りなくゼロに近いです。が、他にもいくつかサイトをやっているので、それらを合わせるとちょっとしたお小遣い程度にはなります。具体的な金額を開示することは規約で禁じられているのでできませんが、大体毎月ギフト券が貰える程度、といったところでしょうか。

そう、ギフト券なんです。Amazonアソシエイトでは、銀行振り込みの場合5000円、ギフト券で貰う場合は1500円貯まった翌々月あたりに支払いが行われ、どちらでも好きな方を選べます。言葉は悪いですが筆者の「ドル箱サイト」はアニメ・新世紀エヴァンゲリオンのファンサイトなので、最近の新劇場版の特需もあって、結構な収入があったので銀行振り込みを選択していました。しかし、公開から数ヶ月たって収入も減ってきたのでギフト券に切り替えたわけです。

で、気になるのがそのギフト券を送ってくるメールの表題です。「Amazon様からAmazonギフト券をお贈りします」となっています。自分のことを「様」って……。
恐らく、このギフト券は、顧客が第三者に贈るのが典型的な使い道として想定されているためにこうなるのでしょう。つまり、鈴木さんがギフト券を買って田中さんに贈る場合、「鈴木様からAmazonギフト券をお贈りします」となるわけで、その書式を使っているわけです。それにしても、Amazonが自分で「Amazon様」と言っているのはとても変です。
もう一つの理由としては、米国製のシステムを翻訳して使っているために、こういうぎこちない部分が出てくるのかも知れません。

いずれにしろ、Amazonはアソシエイターをあまり客と思っていないのがよく分かって、面白いです。客だと思っていたら、「様はおかしいのではないか」と誰かが気づくはずですからね。
まぁ、貰えるものさえ貰えれば文句はないですけどね(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*