一年間、毎日更新をしてみて

この一年間、毎日更新を続けてきました。厳密には去年の暮れからで、今年に入ってから二日ほど休んだ日がありましたが、それ以外は毎日です。

世の中には何年も何十年も毎日書いておられる方もいらっしゃるので、一年くらいは大したことないのかもしれません。しかし、私にとっては大変でした。やはり、日によっては気が乗らないこともあるし、時間がなかったり体調が悪かったりもします。もちろん、予約投稿も駆使しましたが、ストックが減ると気が重かったです。

一番問題なのは、「毎日更新だから」という心理的なエクスキューズによって、つい一つ一つの記事が薄味になってしまうことです。私の場合、俳句でお茶を濁す日々が続きました(笑)

ですが、薄味ながらも毎日書くことによって少しは慣れてきます。文章力が向上したというのはおこがましいですが、書くことに対する閾値は確実に下がりました。

それに、先日の「なぜ選挙?」という人々への批判などのように、世に訴えたいことも全てではありませんが一部は開陳できました。

少なからず収穫はあったように思います。

来年は随時更新に戻します。今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*