利き目、利き脳と小保方博士

最近買ったカメラを弄っていて改めて思ったのが、私には左目でファインダーを覗くクセがあるということです。一般的には右目で覗くのが良いとされているのでそうしようとすると、非常に見にくいのです。視力に問題はないはずなのに。矯正は容易ではなさそうです。

このように、人間には利き目があることは経験からも明らかですが、では利き脳はどうでしょう。

左脳は論理を司り、右脳は創造を司る。そして、左右どちらが優位かによって左脳人間と右脳人間に分けられる。……という説が巷間に流布しています。

また、視神経は交差しており、右目から入った情報は左脳に、左目から入った情報は右脳に送られることから、利き目と逆の方が「利き脳」であるとも言われます。この理論に従えば、私は左目が利き目なので右脳人間ということになります。

しかし、「利き脳などない」という説も強力に主張されており、我々素人には判断しかねるところです。どちらの説が正しいにせよ、一般人には科学的な検証など不可能であり、要するに、信じたい説を信じているに過ぎません

今話題の小保方博士のSTAP細胞に関してもそうです。「そう簡単に万能細胞ができるはずがない、俺はSTAP細胞がインチキだと分かっていた」と、したり顔で言う人が居ますが、本当に分かっていたのか怪しいものです。素人に分かるくらいなら、「ネイチャー」の査読を(何度か却下されたにせよ最終的に)突破できるはずがありません。

もっとも、小保方氏には博士論文の剽窃疑惑も持ち上がっているので、極めて「疑わしい」のは確かです。

もし剽窃が事実なら博士号は剥奪されるでしょうが、しかし、それとSTAP細胞の研究の正当性とは一応区別して考えなければいけません。

「博論はパクリだけどSTAP細胞は本当」ということだってありえますからね。

まあ、ないでしょうけど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*