円グラフの色分け

近頃、Fanfiction Update Notifierなるものをやっています。ネット上に存在するファンフィクションの更新をTwitterで通知するものなのですが、その中で、

上のようなグラフを表示するページがあります(各原作別のポスト数です)。それにしてもギャルゲーが多いです(笑)

さて、このグラフ、Google Chart Toolsを使っていまして、色を一色だけ渡すと、上のように自動的に明度を変化させて色分けしてくれます。

ただ、これだとちょっと見にくいかもしれないので、巧い具合に色分けすることを考えました。

上のグラフは項目数が20なので、360 / 20 = 18°ずつ色相をずらしていけばOK、と最初は思ったのですが、これでは大間違いですね。

なぜかと言うと、20項目目の342°で、殆ど最初の0°と同じ色になってしまうからです。つまり、赤橙黄緑青藍紫と色相環を廻って、最初の赤に戻ってしまうわけです。

ですから、最後がちょうど紫になるように、( 360 – 40 ) / 20 = 16°ずつ回転させることにしました。

これでとりあえず完成、なのですが、せっかくなので、WikipediaのHSV色空間を参考に、与えられた数だけ色を返す関数を考えてみました。

function getColors( num, _s, _v ) {
    var deg = Math.round( 320 / num );
    var h = 0;
    var s = _s / 100;
    var v = _v / 100;

    var tmpArray = new Array();
        
    for( i=0; i < num; i++ ){
        var hi = Math.floor( h / 60 ) % 6;
        var f = h / 60 - hi;
        var p = v*( 1 - s );
        var q = v*( 1 - f*s );
        var t = v*( 1 - (1-f)*s );
        h += deg;
                
        var r,g,b;
        
        switch( hi ){
            case 0:
                r = v; g = t; b = p; break;
            case 1:
                r = q; g = v; b = p; break;
            case 2:
                r = p; g = v; b = t; break;
            case 3:
                r = p; g = q; b = v; break;
            case 4:
                r = t; g = p; b = v; break;
            case 5:
                r = v; g = p; b = q; break;
        }
        tmpArray[ i ] = hex( r ) + hex( g ) + hex( b );
    }
    return tmpArray.join(",");
}

function hex( x ){
    var tmp = Math.round( x * 255 ).toString( 16 );
    if( tmp.length < 2 )
        return "0"+tmp;
    else
        return tmp;
}

var hi = Math.floor( h / 60 ) % 6;
となっているのがミソです。Math.round()では上手くいきません。

項目数
彩度(0...100)
明度(0...100)

よろしかったら、お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*